小学生のうちから論理的思考力が高いのであれば、中学受験で公立中学を目指す方法もあります。

 

公立高校受験になると、そこまで論理的思考力が問われないので差が付きにくいです。2018年度の千葉県公立高校の入試をみても、上位校はかなり高得点の勝負になりました。ほとんど差がつきにくいのです。

 

論理的思考力で差をつけたいなら、公立中学受験がオススメです。

 

いるじゃないですか。口喧嘩で負けない子どもとか、推理小説、クイズやパズルなどがとても得意な子。筋道を立てて考えるのが得意な子。こういう小学生が能力を発揮できるのは、高校受験や大学受験ではなくて公立中高一貫校受験です。

 

しかも私立中学受験と違って、学校で習っていない知識は問われないので、保護者でも入試問題を解くことができます。だから親子で一緒に勉強できる。塾に丸投げしなくたって、家庭で勉強して突破できる可能性を秘めているのです。親子で協力して下剋上受験をするには調度良い戦場ではないでしょうか。

 

しかし、どうやって勉強すればいいのかわからないということもあると思います。

 

そういう方達の為に、実際に書店に売っている教材を比較分類してみました。

 

公立中高一貫校の受験を考えていて、独学で勉強したいという人は参考にしてみて下さい。

 

実際に書店でチェックした教材を分類してみました。

通信教材でも対策できます!

市販教材と組み合わせて利用するのもアリ!

模擬試験