古文の学習(応用)

【その1】

古文をもっと学習したい人は、

 

スタディサプリの

中3国語(応用)

の古典の講義

 

を視聴しましょう。

中3国語(応用)の担当は

笹森義通先生です。

★中3国語(応用)★

★古典 講義リスト★

●第9講 古典①古文単語

●第10講 古典②係り結び

●第18講 古典③和歌

●第19講 古典④物語文

【その2】

スタディサプリの中3国語には

「高校受験対策」の講義

も用意されています。

 

中3国語(応用)が終わったら、自分の住んでいる県の入試対策講座の中にある「古文の読解」の講義を受けてみましょう。

例えば、千葉県の高校受験対策の場合、古文の読解①~⑦まで用意されています。


★関連記事★

申込~講座登録~学習管理~退会までをまとめました!


【その3】

1日1古典勉強を継続しよう!

コンパクトな古典教材を持ち歩こう

旺文社「でる順 古典問題の征服」がオススメ

とにかく古文に慣れるべし!

【その4】

仕上げは頻出作品を徹底的に読み解く!

過去問出版している「東京学参」だからデータ基づいて頻出作品をセレクト!

全部やれば、同じ古典が入試ででるかも?!

【特徴】

3段階の演習

①よく出る古文20

②実戦問題22

③注目の作品21

④文学史もチェックできる

ここまでやれば私立入試対策もカンペキかも?!


★こちらもオススメ★

申込~講座登録~学習管理~退会までをまとめました!